人形のようなぱっちり目|美容整形を受けて気になるコンプレックス解消|美人になるポイント
ウーマン

美容整形を受けて気になるコンプレックス解消|美人になるポイント

人形のようなぱっちり目

女の人

欧米人は、まるで人形のような目をしています。日本人と比較して圧倒的に二重の人が多く、二重に憧れている人からすると、メイクせずにそのデカ目なんてと羨ましい限りです。今ではコスメも進化してきて、一重の人でもアイテープやファイバーを用いることで、簡単にぱっちりとした目に変身することはできるでしょう。しかし、それはあくまでメイクによるもので、メイクを落とすとたちまち元の素顔に戻ってしまいます。そうした状態を打破する為には、福岡にある美容整形クリニックを利用しましょう。福岡には、女性の美容願望を高クオリティで叶える美容整形クリニックが多くあるので、長年の外見コンプレックスを見事に解消できます。

美容整形クリニックを選ぶときには、あらかじめどのような施術があるのかをしっかり確認しておくことです。二重形成術には大きく分けて2種類あり、その中には埋没法と切開法があります。初めて美容整形クリニックを利用するというときには、埋没法の方が安心できる施術として適しています。埋没法は施術にメスを用いることなく、二重のラインにそって糸で留める術式の為、もしも仕上がりに納得がいかなかったり、他の二重ラインも試したかったりするときにいつでも元の形に戻すことが可能です。糸で留める箇所は2~4点と選ぶことができます。持ちの良さを優先させるのであれば、留める箇所が多ければ多いほど安心できることでしょう。

それに引き換え、切開法は完全にメスを用いてまぶたを切開するので、元の形に戻すことは完全に不可能です。しかし、福岡の美容整形クリニックで受けられる切開法は、まぶたにのしかかる脂肪をしっかり取り除けるので、重たい一重の印象も、まるで人形のようなぱっちりとした二重へ変えられるでしょう。埋没法と比較して切開法は、幅広い二重を実現することも可能なので、劇的な変化を求めるなら切開法の方が適しています。福岡にある美容整形クリニックは、その2つの施術によるビフォーアフター写真を掲載しているので、選ぶときの判断材料になります。

美容整形クリニックで施術を受けた後は目元の腫れや赤みなどダウンタイムが生じます。激しい運動によって負担を掛ける恐れもあるので、なるべくは安静にして過ごしましょう。術後、数日から3週間ほどはメイクを避けることも大切です。事前に、担当医とのカウンセリングの中でダウンタイムの過ごし方や、埋没法での抜糸タイミングなど必要なことを確認しておきましょう。